永久脱毛すれば一生毛が生えないのか?

 

近年、「永久脱毛」という言葉をあまり見かけなくなりました。

 

永久なのですから、死ぬまで一生、毛が生えてこない気がします。

 

ですが、本当にそのような脱毛法があるのか、疑問に感じますよね。

 

しかしながら、実在するのです。

 

 

脱毛の歴史において、「永久脱毛」と謳っていながら、現実には毛が生えてきたといった不完全な脱毛法がありました。

 

こういった経緯があったため、完全な「永久脱毛」なんかないと思われている方が多いのです。

 

 

毛を作る組織である毛母細胞や毛乳頭がはたらかないようにすることで、永久脱毛は可能です。

 

毛母細胞や毛乳頭は人間の細胞の一種ですので、タンパク質からできています。

 

ですので、そのたんぱく質を変化させることで細胞のはたらきを抑えることがキーポイントとなります。

 

 

具体的には、65度以上の熱を加えると「変性」という現象が起こり、細胞は元のはたらきができなくなります。

 

これにより、細胞を完全に破壊してしまうのです。

 

これが永久脱毛のメカニズムです。

 

 

現状では、この処理が可能な方法として「ニードル式電気脱毛」と「医療レーザー脱毛」しかありません。

 

それぞれについて簡単に説明しますと、

 

  • ニードル式電気脱毛
    • 毛穴のひとつひとつに針を刺し、毛根に電気処理を行う。

 

  • 医療レーザー脱毛
    • 黒い色素に集中する特殊なレーザーを用いて、毛根に瞬間的に高熱を生じさせる処理を行う。

 

ということになります。

 

 

現在、サロンの多くが採用している「光脱毛」は、医療レーザーよりも弱い光を照射して毛乳頭にはたらきかける脱毛法です。

 

この脱毛法は、確立されて間もないことから脱毛効果を判断しかねるため、現段階ではどこのサロンでも「永久脱毛」とは謳っていません。

 

 

完全な「永久脱毛」にこだわるなら、「ニードル式電気脱毛」や「医療レーザー脱毛」が良いでしょう

 

一方で、そこまでこだわらないのであれば、「光脱毛」も選択の余地ありでしょう。

 

 

最終的には、ご自身のニーズ(金額、脱毛効果、部位、期間等)に合った脱毛法を選択されるのが良いかと思われます。