脱毛クリームと脱毛ワックスのしくみとデメリット

 

「脱毛サロンに通うことも考えたけれど、もっと手軽に脱毛処理したい…」という方が利用するのが、カミソリ処理もしくは脱毛クリームや脱毛ワックスなどを使用した自己処理です。

 

確かに、脱毛サロンに通うのと比べれば、自己処理は経済的負担も軽く、お手軽に脱毛できるというイメージがあります。

 

しかし、本当に美しく脱毛できるのでしょうか?

 

こちらでは、脱毛クリームと脱毛ワックスのしくみとデメリットについて、見ていきたいと思います。

 

 

脱毛クリーム

 

しくみ

 

  • ムダ毛にムラなく塗ることで、たんぱく質の結合を弱め、もろくなった毛を専用のヘラやスポンジで除去する
  •  

  • たんぱく質の結合を弱める成分は、美容院のパーマ液と同じ

 

 

デメリット

 

  • 慣れが必要(使用当初は上手に除毛できない人が多い)
  •  

  • 体質によっては効果が出ない(パーマがなかなかかからない人がいるのと同じ)
  •  

  • 敏感肌の人は炎症等のトラブルが発生する可能性あり

 

 

脱毛ワックス

 

しくみ

 

・塗った後乾燥させ、固まった後に一気に引き剥がす

 

・毛抜きを効率良くした方法

 

 

デメリット

 

  • 慣れが必要(引き剥がす方向や勢い、乾燥させる時間など)
  •  

  • 毛穴が開いたり、切れた毛が埋没毛になる場合がある
  •  

  • 皮膚を傷つける可能性あり

 

 

 

以上、脱毛クリームと脱毛ワックスのしくみとデメリットを見てきました。

 

どちらもお手軽に脱毛できるのは確かですが、デメリットが多いのが実情です。

 

 

慣れれば、美しく脱毛できるようになると思われますが、それまでにはさまざまなトラブルに見舞われる可能性があります。

 

そういった事情を考慮すれば、やはり、脱毛サロンに通うのが一番の得策だと思います。

 

仕上がりが美しいでしょうし、もしトラブルがあった場合でもしっかりと対応してもらえます。

 

そういった理由から、安心して脱毛できるのではないでしょうか?