脱毛するとワキ汗が増えるって本当?

 

脱毛を始める女性は多いと思うのですが、全身脱毛でワキの脱毛をするとムダ毛はなくなるけれど、ワキ汗が増えたり、ニオイがきつくなるという話もあったりします。

 

この話は脱毛をしているとよく聞くのですが、実際にワキの脱毛をすると汗やニオイは増えるのでしょうか。

 

 

実は、この噂は事実ではありません。

 

ワキの脱毛をする前と後で、ワキ汗の量が変化することはありません。

 

ワキ脱毛する前は、汗をかいてもワキ毛に汗が付いて蒸発していくため、直接汗がお肌に触れることが少ないのです。

 

そのため、汗をかいていても、そこまで不快感がないのです。

 

しかし、脱毛してしまうと汗が直接お肌に触れるので、汗をかいていると感じやすいのです。

 

 

また、ニオイに関していえば、ムダ毛があるかどうかということは関係ありません。

 

ワキガである場合も、ワキガの原因になるのは毛根部分や汗腺ではなくアポクリン腺であるため、脱毛がワキのニオイに関係しているということはないのです。

 

 

脱毛後にワキ汗が蒸発しにくく、お肌についてしまうことが嫌だという場合は、汗対策をしっかりとすることが大切です。

 

対策をしておくことで、服に汗染みができてしまうこともないですし、不快に思うことも少なくなります。

 

 

ここまでで紹介してきたように、脱毛をしてもワキ汗が増えたり、ニオイがきつくなったりするということはありません。

 

なので、これから脱毛を始める方も、今脱毛している方も安心して脱毛を受けることができます。

 

 

ただし、ワキ汗は脱毛の施術の刺激を受けて、一時的にワキ汗が増えるということはあるようです。

 

それでも、脱毛を受けている期間に一時的に増えるだけで、脱毛が完了すると汗の量も落ち着いていくので、心配しないでください。