VIO脱毛の後にかゆみが出たらどうしたらいいの?

 

デリケートゾーンのムダ毛は、気になっていても自分で処理するのは怖いので、脱毛したいと思っている女性は多いのではないでしょうか。

 

実際にVIO脱毛をする女性は多く、脱毛することでメリットも多いです。

 

 

VIO脱毛のメリットとしては、下着や水着を着た時に毛がはみ出してしまうという心配がなくなるということです。

 

他にも、月経時にデリケートゾーンが蒸れて、ニオイが気になるということも改善されます。

 

デリケートゾーンの毛量が少なくなることで、清潔に保ちやすくなります。

 

 

こんなメリットの多いVIO脱毛ですが、脱毛をしてお肌にトラブルが起こることがあるということも知っておきましょう。

 

脱毛をするときは、施術を受ける前にムダ毛の自己処理をしていかなくてはいけません。

 

VIO脱毛の場合も、他の部位の脱毛と同じように自己処理をしてから施術を受けなくてはいけません。

 

 

しかし、施術を受けても全ての毛に効果があらわれる訳ではありませんし、1〜2回施術を受けただけでは効果が感じられないことが多いです。

 

そのため、自己処理をして短くなった毛が生えてくると、皮膚に当たってチクチクしたり赤くなったりかゆみが出てしまったりします。

 

 

施術後に赤みやかゆみが出てしまった場合は、濡れたタオルで赤くなっているところを冷やすことで、赤みを抑えることができます。

 

それに、施術を受ける回数が増えていくと、ムダ毛が薄くなってくるため、赤みや不快感も減ってきます。

 

 

もし、施術を受けて赤みやかゆみが出てしまったというときは、その日の入浴は控えるようにしましょう。

 

入浴して血行が良くなると、赤みやかゆみが増してしまう可能性があるので、シャワーを浴びるだけにしておくといいでしょう。

 

どうしても入浴したいという場合は、お湯をぬるめにして入りましょう。