タトゥーがあっても脱毛はできるの?

 

よく、ホクロがあったり色素沈着したりしている部分は脱毛できない、ということを耳にします。

 

では、タトゥーがある場合はどうなのでしょうか。

 

 

光脱毛やレーザー脱毛の場合は、タトゥーが入っていると脱毛できないです。

 

なぜかというと、光脱毛やレーザー脱毛というのは、メラニン色素に反応する光を照射することで脱毛するようになっています。

 

タトゥーというのは、皮膚の内側に染料を入れて模様を描いているので、染料に光が反応してしまうことがあります。

 

そうするとやけどをしてしまったり、痛みを感じてしまったりするようなリスクが増えてしまうので、脱毛ができないとされてしまうのです。

 

 

ただ、光脱毛やレーザー脱毛を行っている脱毛サロンやクリニックでは、タトゥーの入っている部分を除けば脱毛可能としているところも多くあります。

 

タトゥーが入っている方で光脱毛やレーザー脱毛を受けたいと思ったら、脱毛サロンのスタッフに相談してみるといいでしょう。

 

 

なお、ニードル脱毛であれば、タトゥーが入っている部分でも脱毛可能です。

 

ニードル脱毛は、毛根1つ1つに針を刺して、そこに電気を流すことで毛根細胞にダメージを与えることによって、脱毛します。

 

光脱毛やレーザー脱毛のようにメラニン色素に反応したりすることがないため、タトゥーが入っている部分のムダ毛も脱毛することができます。

 

 

ニードル脱毛は毛穴1つ1つに施術を行っていくため、確実に脱毛することが可能であることもメリットの1つです。

 

しかし、痛みが強いことや時間がかかってしまうというのが、デメリットと言えるでしょう。

 

 

タトゥーが入っている部分の脱毛だけしたいという場合であれば、そこまで時間もかからずに脱毛することができると思います。