薬を飲んでいても脱毛ってできるの?

 

脱毛を始めようと考えている方の中には、薬を服用している方もいると思います。

 

持病のために薬を飲んでいたり、風邪をひいたために薬を飲んでいたり、と事情はさまざまだと思います。

 

それでも、「薬を飲んでいると脱毛に影響するのではないか?」と心配になりますよね。

 

 

実は、脱毛サロンで脱毛をする場合、薬を服用していると脱毛の施術はできないことがほとんどです。

 

薬を飲んでいると、薬に含まれる成分が施術時の光に反応してしまうことがあり、お肌に刺激を与えてしまう可能性があります。

 

脱毛サロンでは、お肌にトラブルが起こってしまう可能性があるために、施術を断ることが多いようです。

 

 

ただし、全ての薬がダメというわけではないので、飲んでいる薬のよっては施術が受けられることがあります。

 

契約する前のカウンセリングのときに、飲んでいる薬の内容をスタッフに知らせて、施術を受けられるか相談するといいでしょう。

 

 

特に施術が受けられない薬は、皮膚に関係する薬です。

 

脱毛サロンで照射する光は、皮膚に刺激を与えるものなので、皮膚になんらかの影響を与えるような薬を服用していると施術が受けられない可能性が高いです。

 

 

あとは、血液の流れを良くするような薬も、施術後に赤みを引き起こしてしまうことがあるので施術が受けられないです。

 

また、ピルを飲んでいると、脱毛の施術を受けることができても、効果があまり出ないことがあります。

 

 

このように薬を飲んでいると脱毛が受けられなかったり、脱毛効果がしっかりと得られなかったりすることがあります。

 

そのため、薬を服用している方が脱毛を始めたいと思ったら、まずは薬を処方している医師に相談するのがいいでしょう。

 

それから薬の内容を変更してもらったり、一旦中止してもらったりして、脱毛に影響のないようにすることをオススメします。