レーザー脱毛をすると毛が硬くなるって本当?

 

脱毛の施術を始めて毛が太くなったり、毛量が増えてしまったりすることを「硬毛化」といいます。

 

レーザー脱毛に限らず、フラッシュ脱毛でも、この「硬毛化」が起こることがあります。

 

ですので、脱毛を始めようと考えている方は知っておくといいと思います。

 

 

硬毛化が起こる原因は分かっていないのですが、施術を受けた後に毛が太くなったり、生えていなかったところから毛が生えてきてしまったりします。

 

ただ、施術を受けたすべての方が硬毛化するわけではありません。

 

 

原因として考えられているのは、レーザー脱毛やフラッシュ脱毛の熱量です。

 

レーザー脱毛やフラッシュ脱毛は、メラニン色素といわれる黒い色に反応する特殊な光を照射します。

 

そして、照射した光が毛根部分に届くことで熱が発生して、その熱によって毛根組織を破壊して毛が生えないようにしています。

 

 

毛根組織を破壊するために発生する熱が、しっかりと毛根部分にはたらきかければいいのですが、すべてがうまくいくわけではありません。

 

毛根部分に当たる熱量が、弱くなってしまうこともあります。

 

熱量が弱いと、毛根組織は破壊できず、逆に活性化させてしまうことがあり、それが硬毛化の原因なのではないかといわれています。

 

科学的に原因は解明されていないのですが、硬毛化が起こる事実はあるということを理解したうえで、脱毛を始めるようにしましょう。

 

 

硬毛化が起こってしまった場合は、脱毛を続けていくことで、硬毛化した毛も脱毛することができるので、心配する必要はありません。

 

また、産毛が密集しているようなところを脱毛すると硬毛化が起こりやすいようです。

 

なので、産毛がたくさんあるところを脱毛しようと考えている方は、硬毛化のリスクも頭に入れておきましょう。